パート・アルバイトの方のキャッシング審査について

予定外の出費でどうしてもお金が足りないということは誰にでもあると思います。

パートやアルバイトでキャッシングなんて、無理なんじゃないかとあきらめている方も多いのではないか思います。

ですが、最近はパートやアルバイトだからといって門前払いされることは少なくなりました。ですが、安定収入のある正社員に比べると審査に不利であることも事実です。

パートやアルバイトの方がキャッシング審査を通過する上で特に大きいのは以下の3つです。

1つめ安定的な収入があること、2つめは社会保険または組合保険に加入していること、3つめは健全なクレジットヒストリーがあることです。

審査を通過する上で収入は重要な項目ですが、金額が大きければ良いということではなく、安定的というのがポイントです。

例えば、年収200万円で一定の人と、今年は400万円だったけど去年は100万円だったという人では、前者の方が有利です。

また、審査では健康保険の種類がとても重視されるようです。評価が高いのは共済保険、組合保険、社会保険ですが、非正規雇用の人の多くは最も評価の低い国民健康保険です。

ですが、派遣社員の人の中には組合保険や社会保険に加入している人もいて、正社員に近い扱いになることもあります。

クレジットヒストリーとは、過去に金融機関からお金を借りて返済してきた履歴です。キャッシングだけでなく、クレジットカードの利用履歴も含まれます。

キャッシング業界では、新たにお金を借りる人よりも、過去に借りた経験のある人の方が高く評価されます。よって、滞納の記録がないクレジットヒストリーは有力です。

ただし、申し込みをしないと審査を通過するかどうか分かりませんから、そんな時は、仮審査や簡易審査を利用するといいでしょう。仮審査とは、よくキャッシング業者の公式ホームページに「○秒で審査」と書かれている自動審査のことです。

仮審査や簡易審査は信用情報機関に記録が残りません。ただし、あくまでも事前審査なので、本審査に通過するという保証にはなりませんが、キャッシングをする上で自分自身がいくら借入できるのかという1つの目安となるでしょう。上記のことを参考にパート・アルバイトの方のキャッシング審査を通過する為の参考にして頂けたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です