金欠を未然に防ぐ封筒を使った節約方法

毎月限られたお金の中でやりくりしています。
最初の頃は毎月月末になるとお金が足りなくなり、
酷い時は自分の食事は抜きにして、その分旦那のおかずに回したり、
本当にかつかつで苦しい日々でした。
色々節約方法を試してみて、最終的にたどり着いたのが封筒です。
まず、月初めに調味料やお米など、毎日使うもので足らなくなってきた食品を買います。
それから、急な病気や怪我に備えて2万円ほどとっておきます。
次に光熱費ですが、前月の利用分プラス5千円ほどとっておきます。
残りのお金を4週間、4当分にして、毎週使うお金を用途ごとに封筒に分けて入れて、それ以外は使わない。
食費の封筒、日用品の封筒、交際費の封筒、ガソリン代の封筒などなど…
封筒の中のお金以上は絶対使わないようにする。
食費も1ヶ月分の献立を考えるより1週間分考えてやりくりする方が簡単ですよね。
食材を買う時はチラシアプリを活用して、近所のスーパー2~3軒で最安値のところに買い物に出ます。
1週間終わって余ったお金は、同じカテゴリの翌週の封筒に入れる、または急なお金にとっておきます。
1ヶ月分終わって急なお金が手付かずだったら貯金に回したり、自分にご褒美を買ったりしています。
慣れてきて、やりくりがゲーム感覚で楽しめるようになったらこっちのもんです!即日キャッシング無審査